悲しい

ビジネスマンならアイデアに困った経験も1度は経験があると思いますが、今回はアイデアを出す方法を紹介します。

 

そもそもアイデアとは思いつきで出てくるものであって、あまり考えて出てくるものではないですよね。アイデアが出なくて困ることも多々あるようですが、そういう時はまず、「原点を確認」しましょう。

原点を確認するということは、どういうことかと具体的に説明すると・・・

今、どんな事業を行っているのか?
問題点はなにか?
どうしたいのか?

など多数あるかと思いますが、多くは上記の3つかと思います。

そこで上記を分けて考えることで詰まっている問題点や関連する情報などを探しやすくなるのではないでしょうか。


私も企業コンサルなどでアイデアを考えることがありますが、あまりあちこち行かずに、企業コンサルでアイデアを考える際には、その会社の事業や関連する情報をなどのみを情報収集したり、企業の中でヒヤリングすると意外と多く出てきますね。


そこからどんなアイデアが活きるかをいくつか提案するとアイデアは採用されますね。少なすぎても多すぎてもアイデアはダメですが、最低でも3つから5つのアイデアは出したほうがいいかもしれないですね。