誰もがYoutubeを1度は見たことがあると思いますが、その際に流れる広告には2種類の広告があることを知っていましたでしょうか?意外と知らない方も多いと思いますが、2つの広告の種類がありどちらにもメリットはあるのですが、非常に興味深い内容が紹介されていました。

 

YouTubeの動画広告で商品を買ったこと、ある? - Business Media 誠
YouTubeの動画広告はプレロール広告以外にも、企業が制作したCMやチャレンジ動画といった、公式のプロモーション動画もある。こちらの視聴経験がある人は53.3%と、プレロール広告よりも低かったものの、視聴者のうち「プロモーション動画でブランドやサービスのサイトを訪問したことがある」人は51.6%、「プロモーション動画でブランドやサービスを購入したことがある」人は25.0%と、プレロール広告よりも商品の購入に結びつきやすいことがうかがえる。

Youtubeの視聴者は多いけど、広告も多いので不便に感じていると思っていたらそうでもなかった。。