nayami

人生って何?と質問されると哲学なので答えようがないのですが、人生において目標や生きがいは持っておいたほうがいいと私は思います。確かに人間は生まれてから死ぬまで色々なことがありますし、死ぬことには変わりません。一生、生き続けることは現代の科学でも無理なのです。だからと言って目標や生きがいをなくしてしまうと、せっかくの人生が楽しくないのではないでしょうか。

 

人生には様々な試練があると思います。全てがうまくいく方は絶対にいないのではないでしょうか。生まれてから立ち上がって普通に歩けるようになるまでに何度転んだのでしょうか。そもそも立って歩く理由なんてあるのでしょうか?

これも哲学でしょうね。立って歩く理由なんてなにもないからです。生物学上とか人間工学上とかいう方もいるかもしれないですが、猿の進化と言われている人間は歩くのに猿は二足歩行も四足歩行もするのはなぜなのでしょうか。

答えがないなら探す理由なんてほとんどなく、その考えている時間が無駄に感じませんか?

人生の目標は自分で立てなくても、周りが立ててくれることもあります。学校に行くことだって周りが行ってるからとか親に行かされているからという理由で学校に行くこともあるでしょう。そもそも死ぬのに勉強は必要なのですが?と言われれば必要ありません。しかし、生きて行く中では必要な最低限の知識は義務教育という制度の中で教えられるのが現実です。

目標に限らず生きがいを感じないのも同じではないでしょうか。生きていることに楽しみを感じられないと生きがいを感じることはできないと私は思います。働くことに生きがいを感じないと働けないと思います。このように考えると何も意味のない話になるのですが、生きていく中では目標を達成した時の生きがいというのを感じることができる場面もあるのではないでしょうか。