尊敬語,謙譲語,丁重語,鄭重語,丁寧語,美化語など日本語には敬語の中にも複数の言葉がありますよね。こういうのを全て把握している方は素晴らしい日本語を話すのでしょうけど実際は必要なのでしょうか。覚えるのも大変ですしなかなかマスターするのは難しいので私は全て英語にしていいと思っていますが。

 

英語が話せなくても、問題ない時代が来る | 中原圭介の未来予想図 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
特に目立つのが、「グローバル化=英語」と思い込んでいる企業が多いことです。これは、採用される側もそう思っています。

例えば、英語の「社内公用語化」をしたファーストリテイリングや楽天の取り組みを見ていると、英語ができることがグローバル化だと考えているフシがありますが、私は、大きな間違いだと思います。

英語を話せないことに、多くの日本人がコンプレックスを感じているようですが、果たして英語が話せなければ、グローバル人材にはなれないのでしょうか。 ただ英語が話せるだけで、グローバル人材になれるわけではありません。

例えば、イギリスの植民地であったパキスタンやナイジェリアでは、日常会話で英語が使われているわけですが、パキスタンやナイジェリアの人たちがグローバルに活躍できているのでしょうか。日本に比べれば、経済的に窮している人が多いのが実情です。

英語を話すことがグローバル人材であるとすれば、英語圏で暮らす人々はみんなグローバル人材ということになりますし、みんなが有能なグローバル人材であれば失業なんかしないはずです。ところが、現実にはアメリカにしてもイギリスにしても、失業率は日本よりずっと高いのです。

本当に面倒だから日本も英語にしてしまうといいと思うよ。実際に敬語とか面倒だし。