海外に日本のお菓子を販売するビジネスモデルで一時期話題になったCandy Japanが月収100万円を突破したようなので、これまでのビジネス戦略が公開されています。





月間収益100万円を突破した「Candy Japan」のビジネス戦略の手法とは - GIGAZINE
無料のサンプルは、Candy Japanに興味を示していたブロガーやYouTuberに送付したものになります。「無料サンプルをブロガーやYouTuberに提供したとしても、自分のウェブサイトへのユーザートラフィックの増加には結びつかない」と感じていたBemmuさんは無料サンプルの提供に躊躇していたこともありましたが、現在は逆に進んでサンプルを送ることもあるとのこと。その理由は、例えば1箱600個入りのお菓子がある場合、550人のユーザーにそのお菓子を配送すると50個余ってしまうのであれば、Bemmuさんは余ったお菓子を無料サンプルとしてブロガーに提供し、レビューを書いてもらうようにしているそうです。

バイラルメディアをプロモーションで活用する企業も多くなってきましたね。