プロ野球球団でもある楽天イーグルスが優勝し、楽天市場内で開催した楽天イーグルス優勝セールにて二重表記問題がありましたが当初は、楽天の三木谷社長は「楽天側には非はない」とコメントしていましたが、一転して緊急記者会見をを開き謝罪しました。






楽天は11月11日に、楽天市場で11月3日から7日に行われていました「楽天優勝日本一セール」で、出店店舗が元値の不当な引き上げを実施していた疑いについて、都内で記者会見を行ないました。

記者会見には、楽天の代表取締役会長で社長の三木谷浩史社長と、常務執行役員の高橋理人氏が登壇して内容を説明。いわゆる「不当価格表示問題」の説明と謝罪を行ないました。

今回、楽天優勝セール内で問題を起こした店舗は17店舗とされており、楽天が楽天優勝セールを行う際に出店店舗に対して不当廉売をチェックする承認プロセスを経ることなく、セール品として販売を行っていたという問題です。

楽天優勝セールのセール品は、いずれも元値を大幅に引き上げて不当な価格表示を行っている店舗や商品が複数あり、一部ではユーザーが実際に購入してしまったケースもあったというコメントをされていました。

楽天では今回、楽天優勝セール内で価格の不当な引き上げを行った17店舗に対して一律で、1カ月のサービス停止処分を下したようですが、購入してしまったユーザーには店舗側からの返金若しくは、店舗側が返金を行わない場合は楽天が全額返金を行うというコメントを会見で発言していましたが返金までには時間がかかりそうですね。

二重表記の問題が発覚した直後の楽天の会見では「楽天市場からの追放も辞さない」としていたこともあり、甘い処分とする記者の声もあったようですが、楽天の三木谷社長は「中小企業にとって1カ月という期間は資金繰りなどの点でも非常に厳しい処分だと考えている」とコメントして、処分の妥当性を主張していました。

楽天の三木谷社長は会見の中で「これまでも、社内で二重価格表示に対するルールは設定していたものの、甘かった点があった。このような事態を招いて申し訳ないと思う。安心に商品を購入できる一層の努力をしていく」とコメントしていましたので今後の動きにも注目ですね。


せっかく楽天が優勝し、優勝セールを行ったにも関わらずこのような一部の店舗の不祥事でこのような事態になるのは非常に残念だと感じています。

一部のネットユーザーは「まだ返金もされていないので対応を急いで欲しい」という声もありましたが、まだまだ返金までには時間がかかりそうですね。

こういう場合は私も何度も遭遇していますが、店舗側にユーザーへの返金を要請して数日間で返金を行わない場合は、楽天が代わりににユーザーへ返金した後に店舗側へユーザーに返金した代金を請求するほうがスピード的には早いのでユーザーも離れないのですが、見ていて私、個人の感想ですが、「対応が少し遅い」と感じています。

楽天にはすごいクレーム処理部隊があるのにそれでもこの楽天優勝セールで起きた不当な価格引き上げの問題の早期解決は難しいのでしょうか?