現在、アーティストのミュージックビデオを使ったプロモーションはYouTubeを使っておこなわれることが多く、YouTubeには無料で視聴できるミュージックビデオが大量に公開されていますね!

やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校




無料音楽アプリの「FAN」は、ミュージックビデオをお気に入り登録や連続再生によって快適に視聴できる無料アプリとしてリリースされました。

無料音楽アプリの「FAN」によって、音楽アプリの「LINE」、新世代の「iPod」を目指すとしていますが、発想は非常に面白いと思いますし、収益モデルもしっかりしているのでプロモーションをうまくおこなうと面白いかと思います。

無料音楽アプリの「FAN」は、YouTubeだけでなく、パソコンから取り込んだCDの曲やiTunes Storeから購入した曲をYouTubeと一緒に連続再生したり、iPhone内の音楽データからアーティストをおすすめする機能も備えており、すでにたくさんの音楽を所有している人も、より楽しめるアプリとなっていますね。

気になるアーティストを“FAN”として登録しておくと、そのアーティストの最新ライブ情報や新曲情報が届くようになるもという機能もありますので、事務所側はここでのファンの獲得も考えていけるのかと思います。

また、送られてくる最新情報からはシームレスにライブチケット(チケットぴあ)や楽曲(iTunes Store)の購入ができるので、ここが無料音楽アプリ「FAN」のビジネスモデルになっているのでしょうか。

さらに、“シャウト”機能で、ミュージックビデオや新曲・ライブ情報で熱くなった自分の気持ちを友だちと共有するだけでなく、シャウトの連打数を集計し、リアルタイムでアーティストのランキングとして見ることができるという、今流行のソーシャル機能を使った新しいアーティストとの出会いも提供されてきそうな気がしています。

このほかにも、移動中に電波環境の問題で視聴中の動画が途切れることなくサクサク視聴できるようあかじめWiFi設定をしたり、画面をオフして視聴することで電池の消耗も軽減できるなど、リスナーが感じる使い勝手の問題にも配慮しているそうですよ。

とは言っても、一番の問題がこの部分なのでどれだけユーザーが快適に使えるか、という部分は非常に重要になりますね。

音楽アプリが出たなら次は、写真アプリなんかもいいかもしれないですね。