寝るだけで美容やダイエットに効果があるということ知ってました?そんな簡単な話はあり得ないと思うかもしれないですが、実は睡眠と美容やダイエットには意外と関係があるので、今回は寝るだけで美容やダイエットに効果的な方法を紹介します。

ダイエット外来の寝るだけダイエット 「痩せホルモン」を分泌させる睡眠法




1. 成長ホルモン

あなたは成長ホルモンと聞くとどんなイメージがありますか?私は「身長を伸ばす」とか「体を再生してくれる」というイメージがあったのですが、実はこの成長ホルモンには「代謝をよくする」という機能もあるそうです。

長時間寝るには体力も必要と聞いたことがあるかと思いますが、実はそれが美容やダイエットに効果が高く、成長ホルモンには体の代謝を良くしてくれる働きがありますし、寝ているときにカロリーを消費してくれるそうです。

また、成長ホルモンは睡眠から3時間後に分泌が始まるようなので、美容やダイエットには3時間以上の睡眠が必要ですね。


2. コルチゾール

コルチゾールとは副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾンとも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。
また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。(wiki)

よくわからないですよね笑

簡単に説明するとコルチゾールは、睡眠中に体脂肪を分解してブドウ糖を作りエネルギーを作りだすホルモンということですね。

コルチゾールを多く分泌されるためには、深夜0時から6時に寝ることが重要です。この時間に睡眠をとることで、前半は成長ホルモンを分泌し、後半はコルチゾールが分泌されると言われています。

ただ、朝8時過ぎまで眠っていると脳はエネルギーを必要していないと勝手に判断してしまうそうで、コルチゾールの分泌には睡眠時間も大きく影響しているそうです。


いかがですか?眠りに着く時間を変えるだけで成長ホルモンとコルチゾールの働きで美容やダイエットに効果があるそうなので、興味がある方は是非試してみてはいかがでしょうか。