keitai


動画共有アプリや写真共有アプリ、フリマアプリなど最近、なにかと話題の多いスマホ向けアプリですが、面白く便利な機能を持ったアプリが多いですね。

そこで今回は、近くにいる人同士で写真の交換ができるアプリ『Kiss』を、11月28日、Android OSとiOS向けに同時リリースされていましたので紹介します。

 


●『Kiss』とは

その場にいる人たちの間で、簡単に写真を交換することができるアプリです。

位置情報とアップロード時刻をベースとすることで、これまで面倒だった『ユーザー登録』と『共有者の選定』という2つの大きな手間を無くし、ワンタッチで写真を受け取ることができます。

英語のKissという単語には「風や波がそっと触れる」という意味があり、携帯電話のボタンにそっと触れるだけで、風に乗せて写真を送ったり受け取ったりできる、というアプリのコンセプトに通じることから『Kiss』とネーミングさえrているようです。

●他の共有手段との違い

FacebookなどのSNSの場合は、写真を撮った人が写真をアップするまでにタイムラグが生じたり、タイムラインに埋もれてしまい共有される側が見損なったりすることが稀にあります。

LINEなどのメッセンジャーの場合は、個別もしくはあらかじめメンバーが確定しているLINEグループの人たち同士での写真の送受信は簡単にできます。

しかし、たまたまその場に居合わせている人達で写真を共有したいという場面では、グループメンバーではないケースも多く、そのような場合には送る相手を1人1人選ばなくてはなりませんよね。

『Kiss』は、送る相手を選ぶことなく、その場でリアルタイムに写真共有ができる、革新的なアプリです。

加えて、ソーシャルサービスのほとんどは、写真のデータを送るときに、自動でデータが縮小されますが、『Kiss』は元データで送受信を行うため、撮った写真そのもののクオリティで受け渡しができるという最大のメリットがあります。


●利用されるシーン
 
1. ベストショット

結婚式や観光地での写真撮影のとき、良い撮影位置が取れなかったり、タイミングがズレてシャッターチャンスを逃してしまったときなどに、その場で上手に撮れた人の写真を送ってもらうが可能になります。

2. 自分が写っている写真

自分の携帯電話の中には、自分が写っている写真はほとんどないものではないでしょうか。友達や家族、恋人などが携帯で撮った、自分が写っている写真を、その場で送ってもらうことも可能になります。

3. 集合写真

イベントや会合、飲み会などで皆が集まったとき、何人もの携帯電話で同じポーズで何回も写真を撮ることなく、最初に撮影した写真をみんなでその場で共有することが可能になります。

4. 撮影の口実

「『Kiss』で写真を撮って送ってあげる」というステキな口実で、気になるあの人の写真を手に入れることが可能になります。

5. レクリエーション

グループで遊園地へ行ったとき、写真は『Kiss』で撮るというルールにすれば、アトラクションの待ち時間も各自が思い思いに撮った写真を皆で見ながら盛り上がれます。


写真共有アプリKissの紹介ムービー



写真共有アプリKissのアクセス方法