siten

Apple Storeアプリをインストールして、Bluetoothを有効にしたiOS 7端末を持ってApple Storeの店舗内に入ると、注文しておいたMacのピックアップや店内のキャンペーン情報などが、プッシュ通知されるようになるサービスがスタートしましたので紹介します。




米Appleが、米国内の254のApple Storeで近距離無線通信「iBeacon」による通知サービスを開始しました。米Associated Pressが、ニューヨーク5番街のApple Storeを取材して報じたようです。

iBeaconは、iOS 7に搭載されるBluetooth Low Energyベースの情報提供サービスというのもです。対応するiPhoneまたはiPadのBluetoothとアプリの位置情報サービスを有効にしておくと、iBeaconの発信機に近づくと様々な情報をプッシュ通知するそうです。

Apple Storeのサービスでは、対応する端末に「Apple Store」アプリをインストールしてiBeaconを有効にし、例えばiPhoneの展示テーブルに近づくと、端末の画面に新iPhoneの紹介や、下取りサービスについての情報が表示されるようなので、新作情報に強くなりますね。

また、注文しておいたMacが準備できたという告知が注文番号とともに表示され、それを店内の従業員に見せれば製品を持ってきてくれるそうなので、わざわざ探さなくても良いですので、時間の短縮に繋がりそうですね。

iBeaconを利用したサービスは既にサードパーティーからの提供が始まっているそうで、日本でもスポットライトが9月に、同社のアプリ「スマポ」をiBeaconに対応させています。