siten

アマゾンがAmazonFreshというサイトをサンフランシスコでリリースしました。現在は、ロサンゼルスやシアトルと地域を広げていますが、AmazonFreshというサイトではレシピや地元のショップ、レストラン情報まで掲載されています。




生鮮食品の宅配サービスは、Googleが運営する Google Shopping Expressというサイトがありますが、サンフランシスコにはInstacartというサンフランシスコ発の生鮮食品の宅配サービスも存在しますので、アマゾンが参入し生鮮食品の宅配サービスは3つになりました。

アマゾンに関しては地元のショップやレストラン情報も掲載されているので、非常にボリュームのあるサイトになりそうですが、先手の2社が今後どう出てくるかが気になりますね。