nayami3

体調が悪い時や気になる症状が起きた時にスマホやパソコン、タブレットなどで医師に相談できたらいいなぁと思ったことありませんか?それが可能になるんです。Doctors on Demandならね。ということで、今回はDoctors on Demandについて紹介します。




・Doctors on Demandとは

Doctors on Demandは医師に直接、パソコンやスマホ、タブレットなどからビデオ通話を行い、気になる症状や体調の変化を相談できるサービスとして、米国でリリースされました。

Doctors on Demandではアプリをダウンロードして、簡単な会員登録を行っておけば相談したい内容やアレルギー体質などを入力して数分以内に医師とビデオ電話で話をできるサービスです。

病院へ行く必要があるかないかを悩んでいるときや、急な発作などの応急処置には非常に役立つアプリなどではないかな。と私は感じています。

・Doctors on Demandの利用料金

Doctors on Demandの利用料金は15分で40ドルでクレジットカード決済で利用時間に応じて課金される仕組みとなっています。15分あればおおよその処置や診断は医師であれば可能と言われており、緊急時などの救急車が来るまでの時間もおおよそ15分と言われています。

また、このDoctors on Demandというアプリのすごいところは、各種の保険が適応されるということで、15分で40ドルのビデオ通話にも保険が適応されるようですので素晴しいと思います。

・Doctors on Demandの利用可能時間と相談内容

Doctors on Demandの利用可能時間は午前7時から午後11時となっています。また、Doctors on Demandの相談内容は小児科や内科、救急医療、家庭医学の4カテゴリーとなっており、米国の医師免許を持つ医者が約1000名登録しており、対応してくれるようです。