imadesyo

動画配信サービスのYoutubeでは、自分が投稿した動画に広告が掲載されて、収入を稼ぐことができる仕組みになっているのはあなたも知っていると思います。人気動画を頻繁に投稿すると再生回数が増えて、広告収入が月額数十万円に達するケースもありますね。こうした収入だけで生計を立てている人たちは、「ユーチューバー」と呼ばれています。

 

・3分程度のクッキング映像が再生回数は10万回以上

NHKが2013年2月13日に放映した「クローズアップ現代」で、ユーチューバーのひとり、伊藤元亮さんが紹介されていました。幼稚園に通っていた娘のために、動物やアニメのキャラクターをかたどった弁当、いわゆる「キャラ弁」をつくって撮影したのが「投稿生活」の始まりだそうです。動画は素人でしたが、続けていくうちに再生回数が10万回を超え、画面上に広告が掲載されるようになったそうです。

伊藤さんの著書「YouTubeは僕たち家族の日常をお金に換えてくれました」に、詳しい経緯が書かれているので参考にしてはいかがでしょうか。

YouTubeは僕たち家族の日常をお金に換えてくれました 「動画投稿」という生き方・働き方 (一般書)YouTubeは僕たち家族の日常をお金に換えてくれました 「動画投稿」という生き方・働き方 (一般書)
妄想グルメ 伊藤元亮

徳間書店
売り上げランキング : 5769

Amazonで詳しく見る by AZlink


初めて投稿した2009年には、既に会社を辞めて自営業をしていたそうですが、「家族5人が食べていくには苦しい」状態で、ブログを始めたものの軌道に乗らず、たどり着いたユーチューブで当たったそうです。

広告が掲載されるようになったのは2010年3月以降で、最初は数千円、数万円単位だったと振り返っています。

伊藤さんの動画を見てみると、開始当時の2009年の作品は再生回数が数百回というものもありますが、直近の12月13日更新のものはすでに4万4000回を超え、ほかに10万回以上のものも珍しくないですね。

クッキングの映像が多く、3分程度の長さということでまさに3分クッキング。声による説明はなく、伊藤さん家族は「顔出し」もしていません。映像だけで理解できるので言葉の壁がなく、コメント欄には英語の書き込みも多いです。海外からのアクセスが、再生回数アップに貢献しているのではないでしょうか。

現在、伊藤さんのページを登録している人数は21万7000人以上、動画の再生回数は約9300万回となっており、これだけのファンが定着していれば今後も安定的なアクセスが期待できるのではないでしょうか。しかし、ここまでたどり着くのは容易でないと思いますが。

・肝心なのは投稿した動画をユーザーに発見してもらうか

誰かが偶然見つけるのを待っているだけではこれほど稼ぐことはできないでしょうね。時には投稿者自ら仕掛けてPRする心構えが大切なのではないでしょうか。検索エンジンの場合だと、素人の投稿動画はあまり上位に出てきませんし、むしろ『まとめサイト』に『こんな面白い動画見つけた』といったスレが立ち、ネットで拡散すればチャンスが拡大するとは思いますが、それも本来は容易ではありません。一度でも人気に火がつけば、「ほかの動画も見てみよう」となって再生回数がさらに増えるとは思います。

・国内で生計立てられるユーチューバーは数十人

「ユーチューブパートナー」に登録すれば、基本的に誰でも投稿動画に広告が掲載されて収益が得られる「権利」を手にできます。運営会社であるグーグルでは、現在のところ広告掲載に再生回数などの条件はないので誰でもユーチューバーになることは可能です。ただし投稿者が動画の「収益化」、すなわち広告掲載について申請し、グーグル側の事前審査を受ける必要はあります。

動画コンテンツ自体の質は重要で、先述の「クローズアップ現代」では、1本のヒット動画で自信を深め、広告収入だけに頼ろうと仕事を辞めたが以後の作品は人気が出ず、日々プレッシャーに悩む男性が紹介されていました。

他にもYoutubeで稼ぐことを考えている方は多数おり、Youtubeで稼ぐようになるには、継続して広告収入が得られるかどうかがポイントですね。難しいことではありますが、閲覧者を飽きさせない工夫が重要なのではないでしょうか。

例えば、料理の分野は競争相手が多いので、「コンビニで手に入る材料だけでつくる夕食」といったテーマに絞ってみるとか、ラーメン店の紹介なら、最寄り駅からの道順を撮影しながら「隠れ家的な店」にたどりつくスタイルにするなど、こうした店は地図だけだと分かりにくいので、映像が生かせるのではないでしょうか。

国内有数のユーチューバーは、確かに秀でたページづくりをしていいます。「クローズアップ現代」で「動ガール」と紹介された佐々木あさひさんの場合は、自室で自分のメイキャップ術を撮影、披露していおり、スプーンを使ってまつ毛をカールしたり、身近なメーク道具で化粧をしたりする様子が話題を呼んでいるようです。

最近は、有名ブランドとのコラボレーションによるメイキャップ映像もつくられており、「売れっ子」になればスポンサーもつくようですね。佐々木さんも、既に会社を辞めてユーチューブ1本で暮らしているそうです。

HIKAKINさんはユーチューブ上に4つのチャンネルを持ち、日々更新していて、自身の口だけでDJプレーをする「ビートボックス」による音楽の演奏、ゲームに挑戦して実況放送、時には特大サイズのお菓子を食べるなど内容は多彩で、その進行ぶりや映像の編集レベルを見るとひとつの番組として成立するクオリティーでした。既に「有名ユーチューバー」ということもあり動画の総アクセス数は4億回を突破しています。

ただ、こうした成功例はまだまだ少ないのでアイデア次第でユーチューバーになる可能性もありますよね。