怒る

日本マイクロソフト株式会社は1月20日に、2014年1月のセキュリティ情報の事前通知を発表しました。日本マイクロソフト株式会社の発表によると、セキュリティ情報の公開は1月15日で、4件のパッチ公開を予定しているようです。




重要なセキュリティ情報

重要なセキュリティ情報の内容は、最大深刻度「重要」のもののみとなっており、影響を受けるソフトウェアは、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft サーバーソフトウェア、Microsoft Dynamics AXとなっています。


脆弱性の影響は、リモートコード実行が1件、特権の昇格が2件、サービス拒否が1件となっていて、これらの適用時には、再起動が必要となる場合があるとしています。


かなり多くの方がアップデートされていないようですが、アップデートはセキュリティ面から言えば、当然の作業であり企業でもアップデートしていない会社がありますが、なにも考えていないのでしょうかね。