suimin

あなたはしっかりと睡眠を取っていますか?最近では、日本人の平均睡眠時間が低下しているということで話題になっていましたが、睡眠時間と肌ケアは関連性が高いですね。そこで今回は正しい睡眠時間で肌をきれいにする方法を紹介します。




では早速、正しい睡眠時間で肌をきれいにする方法を紹介していきます。

・午後10時から午前2時は肌をきれいにする時間

午後10時から午前2時は成長ホルモンの分泌が多く、自律神経の動きもスムーズな時間帯とされています。この時間を活用して十分な睡眠時間を取ることで肌ケアが自然にできるのです。


あなたも経験あるかと思いますが、熟睡できない日が続くとお肌の調子が悪くなるのは、ホルモンバランスが崩れることが原因です。美肌ホルモンとも呼ばれる「女性ホルモン(エストロゲン)」の分泌量が減ると、お肌が乾燥し、ハリが失われます。


そこでさらに成長ホルモンの分泌量が減るとターンオーバーまで遅れるため、お肌のダメージやメラニンが蓄積しやすく、シワやシミにつながってしまうのです。


帰宅してすぐに化粧を落とす必要はないですが、遅くても午後10時には洗顔をして、化粧を落としておきたい時間ですね。


また、社会人でも学生でも午後10時には寝れないという方が多いと思いますが、この時間までに化粧を落とすだけでも肌に対する効果は違いますし、最低でも0時には布団に入って寝る準備をしておくことをおすすめします。


この午後10時から午前2時はお肌のゴールデンタイムとも言われている時間帯なので、できるだけ活用するほうがいいですね。