jyouhou2

GoogleのChrome開発チームがAndroid端末向けのリモートデスクトップアプリ「Chromoting」を開発していることが明らかになりましたので紹介します。




Googleは以前より「Chromeリモートデスクトップ」と呼ばれるChrome拡張機能を提供していましたが、このChromeリモートデスクトップは、別のユーザーと画面を共有したり、リモート経由で別のChrome搭載パソコンを操作という拡張機能です。

現在開発が進められているChromotingは、ChromeリモートデスクトップのAndroid版といったもので、Android端末の画面を使って他のChrome搭載パソコンをリモート操作できると言われています。

このChromeアプリケーションですがが、Chromotingを使うと自分のコンピュータをWeb上でセキュアに共有してリモートサポートをしてもらったり、あるいはほかのところから自分で自分のコンピュータに保存しているアプリケーションやファイルシステムにアクセスが可能になっています。

類似のプロフェッショナルなアプリケーションとしてLogMeInやTeamViewerなどがありますが、このChromotingはChromeユーザならすぐに簡単に使えますし、今のところ無料となっているので、便利ですね。

また、iOS用のChromotingは、まだ荒削りでありですが開発中で、GoogleなのでAndroid版に比べて相当開発が遅れているようです。

しかし、iOS版を開発中であることは確かなようです。Android版のChromotingも入手可能ですが、公式のバイナリはまだない状態で、今からどうしても今使いたいという方はは、ソースからコンパイルしなければならないようです。

Chromotingの機能の詳細や公式リリースの日程などはまだ分からないですが、Googleなので4月くらいにはリリースされそうですね。