ニュース

楽天ショウタイムは2月12日に、動画配信サービス「楽天SHOWTIME」の提供を開始しました。楽天SHOWTIMEでは、これまでの楽天ShowTime動画配信サービスで採用していた月会費制ではなく、コンテンツごとの課金のみとしています。

 

楽天SHOWTIMEでは、コンテンツの品揃えを刷新し、日本最大級となる約5万本の作品を揃えています。ディズニーやワーナーブラザース、20世紀FOXなどの海外メジャースタジオの大ヒット映画やドラマ、全民放キー局で放映中のテレビドラマの見逃し配信など、人気コンテンツを強化したようです。


そのほか、楽天グループのコンテンツとして、東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲーム全試合の生中継も予定しているようです。


既存のサービスと比べると、ユーザーインタフェースをシンプルなものに改良し、検索や視聴がより簡単にできるようになった印象があります。スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスに対応し、2014年春にはテレビ向けの配信も予定しているようですね。


楽天SHOWTIMEは、楽天会員IDや楽天グループサービスの決済手段を利用することが可能であり、手続きの煩わしさや支払の不安が解消され、より安心・簡単に利用できるといいますが、グループの決済システムに違和感があるのは私だけでしょうか。


また、他の楽天グループのサービスで貯めた楽天スーパーポイントを利用して動画を楽しむこともできるということですが、決済時の手数料は変わらないでしょうね。


楽天では、楽天SHOWTIMEのサービス開始を記念して、楽天グループの「RaCoupon 楽天クーポンサービス」と連携し、期間限定で何度でも使用できる50%オフクーポンを配布するほか、初めての利用で楽天スーパーポイントが500ポイント貯まるキャンペーンなどを実施するそうです。


なお、既存の会員制動画配信サービス「楽天ShowTime」は、楽天SHOWTIMEの開始後も、サービス提供を継続し、「楽天VIDEO Powered by ShowTime」は、楽天SHOWTIMEに移行するとのことです。